忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/18 19:58 】 |

第一話
24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:57:09.09 ID:H1RKSS2i0
~閻魔法王庁~

ξ゚⊿゚)ξ「…それでまた魂を持って返ってこなかったわけ?」

(;^ω^)「申し訳ないお…」


死神に対する非の追求は、厳しいものである。
ましてや自らの職務を破棄するなど言語道断だ。

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 01:00:29.36 ID:H1RKSS2i0
         _,,..,,,,_  
         / ;' 3  `ヽーっ  ・・・・・・
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"

ξ゚⊿゚)ξ「御覧なさい、荒巻様もお怒りになられてるわ」


死神の長荒巻スカルチノフ。
その外見からは想像できないほどの殺気を、死神は感じていた。

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 01:01:10.36 ID:H1RKSS2i0
( ^ω^)「僕は…どうすればいいんですお?」

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 01:02:38.87 ID:H1RKSS2i0
         _,,..,,,,_  
         / ,' 3  `ヽーっ 
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"

ξ゚⊿゚)ξ「今から一ヶ月以内に十の魂を持ってきなさい、とおっしゃってるわ」

28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 01:04:43.64 ID:H1RKSS2i0
十の魂、響きだけは簡単に聞こえるだろう。
しかし、その実それだけの数を手に入れるには相当の労力を要するのだ。

だが、死神に拒否権は無かった。 拒否はすなわち自身の消滅に繋がっているのだから。

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 01:06:20.37 ID:H1RKSS2i0
僕の沈黙を、彼女はYESと受け取ったらしい。
声高く僕へと指示を出した。


ξ゚⊿゚)ξ「さぁ行くのです死神・『内藤ホライゾン』!!」

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 01:08:03.46 ID:H1RKSS2i0
僕は心に抱く疑問を解消できぬまま、闇夜へと飛び出した。

そして、これが僕の旅の始まりでもあったのだ。


       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃
     |■■■▼       ブーン
      ▲■■▲
      ノ>ノ 
  三  レレ

第一話『旅立ち』・完
PR
【2006/03/27 14:17 】 | ( ^ω^)ブーンが死神になったようです。 | comment(0) | trackback(0)

<<前のページ | HOME |次のページ>>

忍者ブログ [PR]