忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/26 16:02 】 |

プロローグ
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:18:16.15 ID:H1RKSS2i0
月明かりに照らされた夜に、黒衣を身に纏った一陣の風が走った。

       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃
     |■■■▼       ブーン
      ▲■■▲
      ノ>ノ 
  三  レレ


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:21:21.36 ID:H1RKSS2i0
~若者の街シブヤ~

官能的なネオンに照らされ、酒とタバコと女の匂いでむせ返るようなこの街。

その光とは対照的な路地裏で、今、一つの命が消えようとしていた。



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:24:25.81 ID:H1RKSS2i0
DQN1「ハァッ・・・・ハァッ・・・」

無造作に放り捨てられた雑巾のように、男の体はボロボロになっていた。
何故男がこのような姿になったのか、それを語る術は今となっては無いに等しい。

一つ分かっていることといえば、男の寿命はあと僅かだということだけであった。

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:27:05.29 ID:H1RKSS2i0
DQN1「あぁ…目…目が・・・見え・・・」

男の視界は、既に無いに等しかった。
しかし、それでも男は光を求め宙を仰ぐ。

そんな男の目に、不可思議なモノが映った。

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:27:40.12 ID:H1RKSS2i0

       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃
     |■■■▼       ブーン
      ▲■■▲
      ノ>ノ 
  三  レレ


DQN1「………豚?」

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:32:01.83 ID:H1RKSS2i0
豚とも何とも形容しがたいモノは、男の傍へ音も無く近寄ってきた。

なんとも滑稽な顔をしているが、漆黒のローブに包まれた体からは、何とも言えない威圧感を感じた。


血を失いすぎたか、男は自分が見ているものを幻で片付けようとした。

しかし、その幻は自らの意思で口を開いた。

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:34:11.20 ID:H1RKSS2i0
( ^ω^)「僕は死神ですお」

DQN1「…こんな幻が見えちゃ、いよいよ俺も最後か」


あまりの間抜けさに、思わず自嘲的なため息が漏れる。
そんなことはお構いなしに、死神は言葉を続けた。

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:37:05.09 ID:H1RKSS2i0
( ^ω^)「君に三つの選択肢を与えるお」


( ^ω^)「一つはこのまま成仏するがいいお」

( ^ω^)「もう一つは、誰か一人を呪い殺して一緒に地獄にいくおwwwww」

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:38:58.37 ID:H1RKSS2i0
( ^ω^)「そして最後は…」


突如、死神の声のトーンが落ちた。
それがどんな意味を持つか、男には分からなかった。

( ^ω^)「地縛霊となって、永久に地上をさまようんだお」

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:40:30.26 ID:H1RKSS2i0
男の腹は決まっていた。

自分をボコボコにしたアイツが憎い。

そして俺が手遅れなのだとしたら……


DQN「……道連れにしてやるよ」

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:44:22.96 ID:H1RKSS2i0
( ^ω^)「君はそれで後悔しないのかお?」

予想だにしない質問に、一瞬男はうろたえた。
間髪入れずに死神が口をきく。

( ^ω^)「このまま死ねば、君は成仏できるんだお。
      一時の気の迷いで死後も苦しむつもりかお?」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:45:26.57 ID:H1RKSS2i0
男は残された体力を、全て思考に費やした。

そして……




男はゆっくりと目を閉じた。

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:46:39.71 ID:H1RKSS2i0
( ^ω^)「……これでいいんだお」

       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃
     |■■■▼       ブーン
      ▲■■▲
      ノ>ノ 
  三  レレ


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/27(月) 00:48:35.42 ID:H1RKSS2i0
黒衣の白豚は夜闇へと消えていった。

後に残されたのは、冷たくなった男の体のみであった。


プロローグ『DEVIL』・完
PR
【2006/03/27 14:16 】 | ( ^ω^)ブーンが死神になったようです。 | comment(0) | trackback(0)

<<番外編 ID:777PxiYb0さん | HOME |第一話>>

COMMENT:
COMMENT EDIT :















TRACKBACK:
トラックバックURL


<<番外編 ID:777PxiYb0さん | HOME |第一話>>

忍者ブログ [PR]