忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/26 16:03 】 |

第9話
148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 16:25:59.42 ID:xvkclPkGO
――――――――――
城内


ベル「………鎌……」


タタタタ………


悪魔「………」


ベル「……やば……」


サッ!

悪魔「……」

ベル「………」



ベル「……そうだ……………メイド服………」

154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 16:33:49.85 ID:xvkclPkGO
――――――――――
更衣室


ベル「新しい………メイド服……。これがあれば………」



カツ……カツ……



ベル「……!誰か……来る……?」


カツ……カツ……


ベル「…………」


カツ………


ベル「ドアの前で………………止まった………」

…………


ベル「………」

156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 16:39:42.12 ID:xvkclPkGO
ガチャ!!


( ^ω^)「はっはっは………!!今日も部屋を間違えてしまったお……。さーて、今日は誰が………」



ベル「………」

( ^ω^)「…………」



ベル「……ブーン…?」

( ^ω^)「お前………まさか……!!…ぐ……………頭が………!!ぐぅぅぅぅぅ………!!!」


ベル「……大丈夫…!?」


( ^ω^)「ぐぅ………!!」

160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 16:47:29.18 ID:xvkclPkGO
( ^ω^)「……はぁ……はぁ……」
ベル「………」

( ^ω^)「あぁ……治まったよ………。ところで……君は?」


ベル「え……?」

( ^ω^)「……新しく配属されたメイドかい?」
ベル「(記憶……無くなってる……?)」

( ^ω^)「……君は何か懐かしい感じがするが………名前は……?」
ベル「そんな事を聞いて…………どうするの…?」

( ^ω^)「……!!いや……何となく……」

ベル「………ベル……」


( ^ω^)「!!う………………ぐ!!!ぐぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

ベル「!?」

( ^ω^)「う…………ぐ………ベル………助け……てお…!!!」

ベル「……え……?」

( ^ω^)「オオオオオオ!!!!!!!!」

163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 16:52:04.42 ID:xvkclPkGO
( ^ω^)「オオオオ!!!!!!」


ベル「!!!」


( ^ω^)「ガァァァァ!!!!!」


シュ!!!



ベル「……行っちゃった………」

――――――――――
12階

( ゚∀゚)「……どういう事……?」
( ・∀・)「ふ……可能性の一部だよ」
( ゚∀゚)「……」

( ・∀・)「だが有り得ない事じゃないだろぅ…?」

オオオオオオ!!!!!!

( ・∀・)「………!?」
( ゚∀゚)「………」

166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 16:59:55.43 ID:xvkclPkGO
( ^ω^)「オオオオオ!!!!」




( ・∀・)「ブーン……………!!」

( ゚∀゚)「…ゼブル………何だいこりゃあ………?」

( ・∀・)「………」

( ゚∀゚)「……成長の速度が早すぎる……!!さっきのブーン君とは似ても似つかないよ!?」

( ・∀・)「……話はあとにしてくれないか……?今はブーンを静めようか……」

( ゚∀゚)「………」




( ^ω^)「ウォォォォォォォォ!!!!!!!!」

173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 17:08:10.55 ID:xvkclPkGO
( ゚∀゚)「ち……!!」

ブゥン!!

( ^ω^)「ウガァ!!!!!!!!」


バシッ!!


( ゚∀゚)「か……鎌をつかんだ……!?」


( ^ω^)「グォォォ!!!!!!!」

( ・∀・)「はぁ!!」

ドゴォォ!!!

( ^ω^)「!!」

シュ!!


( ・∀・)「ち……外した……」

( ゚∀゚)「あ……危なく鎌を取られる所だった……」

( ・∀・)「……気おつけてくれたまえ……。その鎌が奪われたらヤバイ事になる………」
( ゚∀゚)「……わかってる」

176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 17:12:59.29 ID:xvkclPkGO
( ^ω^)「………」



( ゚∀゚)「止まった……?」
( ・∀・)「………」



( ^ω^)「ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛!!!!!!!」

キィィィィン!!!



( ゚∀゚)「耳鳴り………」
( ・∀・)「………」


( ^ω^)「ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛!!!!!!!!!」



( ゚∀゚)「……体が……重い……!?」

( ・∀・)「ふ……これでは普通の悪魔は動けないな……。
……だが私達は普通の悪魔じゃない……!!!」

182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 17:22:05.09 ID:xvkclPkGO
( ^ω^)「オオオオオオ!!!!」



( ゚∀゚)「くそ‥……体が重くて……!」


( ^ω^)「オオオオ!!!!!」

( ・∀・)「……!!」


バキ!!


( ゚∀゚)「ぐぁぁ!!!!!!」

( ・∀・)「………ふ。大丈夫か?アシュ……」


( ゚∀゚)「(……くそ………あの技を使えば勝てるけど………、できればベルゼブブの前では使いたくない……!!)」


ベル「……今!!」


( ゚∀゚)「!?」

187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 17:29:27.08 ID:xvkclPkGO
ガキン!!!

( ゚∀゚)「貴様!!鎌を………!!!!」


ベル「……!」


( ・∀・)「ふん……。情けないなアシュ………。奪われたら奪い返せばいいじゃないか。……………こうやってね!!」



ベル「!!」

( ^ω^)「!!!」

シュ!!


ザクッ!!!!!!


( ・∀・)「ブ……ブーン………!?」


( ^ω^)「う……………うぅ……」

ベル「ブーン!!」

191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 17:36:37.82 ID:xvkclPkGO
ベル「ブーン!!」

( ^ω^)「……」
( ・∀・)「く……くそ……!!貴様!!」


ベル「……!!」

ドカァ!!!

カラカラ……


ベル「うぐ………!………鎌!!」


カラカラ……

ガッ!!


ベル「…あ……!」


( ゚∀゚)「……フフ……この手か…?私の大事な鎌を壊したのは……」

ギリギリギリ……

ベル「ああああ……!!」

205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 17:43:17.85 ID:xvkclPkGO
( ゚∀゚)「御礼に……君が欲しがってたこの鎌で殺してあげるよ……!!」
ベル「……!!」
( ゚∀゚)「はぁ!!」

ブン!!!


ガキィィン!!!!


( ゚∀゚)「!!!」


(*'ω'*)「………」
ベル「シトリー……!」


( ・∀・)「……シトリー?」


(*'ω'*)「……また………来るっぽ……」
ベル「待って………ブーンが………!」

シュ!!!!!

( ゚∀゚)「……ち……逃がしたか」

( ・∀・)「…それより……ブーン……大丈夫か………?」

( ^ω^)「……う…」

214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 17:53:16.16 ID:xvkclPkGO
( ^ω^)「……」



( ゚∀゚)「生きてる……?」
( ・∀・)「あぁ、なんとか……」


( ゚∀゚)「……。それで?一体ブーン君はどうしちゃったのさ?」

( ・∀・)「……その話は……すべてが終わってからでいいか……?」

( ゚∀゚)「………ふん。まぁいいよ。」

――――――――――

使用人「ブーン様をベットに寝かせて置きました……」
( ・∀・)「そうか。ご苦労……。下がれ」

使用人「は!」




( ゚∀゚)「……」

( ・∀・)「………」

221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 18:00:59.23 ID:xvkclPkGO
( ・∀・)「アシュ……アモンは……………もう1000人殺したか……?」

( ゚∀゚)「?結構前に殺したはずだよ……?でも殺した人間はどこに行ったか知らないけど……」

( ・∀・)「‥……心配ない。皆あのジジィの所にいるはずだ………」

( ゚∀゚)「……。どうしたの?」

( ・∀・)「いやな……このまま行くとブーンは私より強くなってしまう……だから早くしないと………」

( ゚∀゚)「……」

( ・∀・)「だが…お前の鎌のお陰でジジィは死ぬ前にこの城を攻めてくるだろう……。その時にジジィの心臓と1000人分の魂を手に入れる………!」

222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 18:05:26.95 ID:xvkclPkGO
( ・∀・)「多分な……ジジィは明日に来るだろうな………」

( ゚∀゚)「……」

( ・∀・)「アシュ……リリスに明日までに私の城へ来てくれと言ってくれないか?」

( ゚∀゚)「……お安い御用さ……」

( ・∀・)「……任せた。」


( ゚∀゚)「………フ」


シュ!




( ・∀・)「……………ふん!マヌケな悪魔だ…………」

227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 18:11:42.21 ID:xvkclPkGO
――――――――――
リリスの城

(*゚ー゚)「………」


スッー………


( ゚∀゚)「………」


(*゚ー゚)「…アシュタロス……アンタ………何しにきたの……?」



( ゚∀゚)「………ベルゼブブからの伝言を教えに来た………」


(*゚ー゚)「……なんて?」

( ゚∀゚)「聞きたいか?」

(*゚ー゚)「……早くして!」




( ゚∀゚)「………………………貴様を殺せってだよ………!!!!」

235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 18:22:00.77 ID:xvkclPkGO
(*゚ー゚)「……!!」


( ゚∀゚)「安心しろよ…?一瞬でぶっ殺してやるから!!!」



ブゥン!!


(*゚ー゚)「ちっ………!!」

ガシャァァァ!!!



( ゚∀゚)「避けるなよ…………。ウヒ!ヒヒヒヒヒヒヒ!!!!」



(*゚ー゚)「ふん……!やっぱ芝居の喋り方の方がまだましだったか……!」

ガガガガガガ!!!!


( ゚∀゚)「………」

238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 18:26:34.48 ID:xvkclPkGO
――――――――――
その頃


ガバ……

( ^ω^)「………?」


( ・∀・)「ブーン!起きたかい?」

( ^ω^)「………じいちゃん?どうしたんだお?」

( ・∀・)「……びっくりしたよ。いきなり倒れるからな………」

( ^ω^)「倒れる……?」

( ・∀・)「ああ。食事の途中に泡吹いて倒れたんだよ……」

( ^ω^)「……」

( ・∀・)「ブーン、自分が何者か覚えてるか?」



( ^ω^)「僕は……悪魔だお………」


( ・∀・)「………それでいい……」

239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 18:31:16.65 ID:xvkclPkGO
――――――――――




(*゚ー゚)「はぁ……はぁ…………まさか………アンタ………!!!」


ガラガラ……


( ゚∀゚)「フフ……気付くのが少し遅かったようだ………!!」



(*゚ー゚)「……はぁ……そりゃあ……気付くわけないよ…………」


シュゥゥゥ………


( ゚∀゚)「ハハハ……ギャーハッハッハッハ!!!!!!!!!!」





ザシュ!!!!!!!

249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 18:51:23.62 ID:xvkclPkGO
――――――――――

/',З「そうか……鎌は手に入れられなかったか………」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

ベル「………ごめんなさい…」

(*'ω'*)「………」



/',З「いや……いいんじゃ……。こうなればワシが正面突破で鎌を………奪う。お前さん達はそこで待っててくれ……」


('A`)「……俺はいくぜ」

/',З「!?何を言ってる!みすみす死にに行くようなもんじゃぞ!!」


('A`)「……ここにいてもどうせ殺されるんだ。……どうせ死ぬならジーサンと一緒に死にてぇんだ…………」

/',З「………」

253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 18:55:30.51 ID:xvkclPkGO
ξ゚⊿゚)ξ「私も……。どうせ死ぬんならお爺さんと一緒がいい……」


/',З「おまえ……」


『俺達も……!』


(*'ω'*)「………!」

/',З「………!!!」


('A`)「よーし!明日は最後の日だからな!今日は大騒ぎしようぜ!!!」

『オーーッ!!!』



/',З「…ふん。やはり人間は愚かな生き物じゃ……………グス……」

(*'ω'*)「……ふふ……。確かに………」

255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 19:00:56.34 ID:xvkclPkGO
――――――――――
翌朝


ドドドドド……!!!


( ・∀・)「……ふ……遂に来たか……!!」
( ゚∀゚)「………」
( ^ω^)「……………」



/',З「……アシュタロス……ベルゼブブ……!!」
ベル「……ブーン……」
(*'ω'*)「…………………」


('A`)「よし!俺達は爺さん達が戦いやすいように城内の悪魔と闘うぞ!!!」
『オーーッ!!!』

ξ゚⊿゚)ξ「………」

262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 19:10:25.85 ID:xvkclPkGO
/',З「ウォォォォォォォォ!!!!アシュタロスーー!!!!」


( ゚∀゚)「ふ………!!アガレス……!!500年前の決着をつけよう…………!!」

ズズズズズ……!!

/',З「……鎌…!!」


( ゚∀゚)「ふふふ………ハハハハハハ!!!!!!!!!!」

――――――――――

( ^ω^)「よぉ………待た会ったお……」

(*'ω'*)「‥‥」

( ^ω^)「お互い……救われないな………」

(*'ω'*)「……お前!?」


ガキィン!!!

(*'ω'*)「………!」

( ^ω^)「ふふ……僕は嬉しいお……!!この前の決着がつけれるから……!!」

267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 19:16:24.21 ID:xvkclPkGO
( ・∀・)「私はゆっくり見物だ…………!ハハハハハハ!!!」

――――――――――

( ゚∀゚)「そらそらそら!!!!!」


ブゥン!ブゥン!


/',З「ぐ………」


( ゚∀゚)「どうした?この鎌に斬られたいんだろ!?ギャーハッハッハッハ!!!!!!」


/',З「そんな事したら呪いが解ける前に死んじまうわ!!……ハァ!!」


ゴォォォォ!!!



( ゚∀゚)「ふ……そんな攻撃効かないさ。どんな攻撃も僕には効かない…………!」


/',З「……おかしい………のけ反るくらいは………」

273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/11(火) 19:25:17.15 ID:xvkclPkGO
( ゚∀゚)「ハハハハハハ!!!!」


ブゥン!!!ブゥン!!!ブゥン!!ブゥン!!!


/',З「ぐぅぅ……!!何故じゃ!!!何故攻撃が効かないのだ……!!」


( ゚∀゚)「………ふん……。リリスもしかり……気付くのが遅いね………まったく……」


/',З「……くそぉー!!!!!!」



( ゚∀゚)「隙ありだ……!!!その心臓……もらったよ!!!!!」

/',З「!!!」





ザシュ!!!!!!!
PR
【2006/04/11 18:34 】 | ( ^ω^)ブーンが地獄に落ちたようです | comment(0) | trackback(0)

<<第8話 | HOME |最終話>>

COMMENT:
COMMENT EDIT :















TRACKBACK:
トラックバックURL


<<第8話 | HOME |最終話>>

忍者ブログ [PR]