忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/26 16:05 】 |

第2話
200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 19:16:04.98 ID:PH945xECO
( ^ω^)「……」

執事「どうかなさいましたか?」

( ^ω^)「うぉ!!」

執事「?」

( ^ω^)「あ……いや~……食堂はどこかな~~って………」

執事「食堂ですか?ご案内致します。」

( ^ω^)「…………」

――――――――――
食堂


( ^ω^)「……広すぎだお……。しかもテーブルがデカすぎだお……」

執事「閣下がくるまで少しお待ち下さい」

( ^ω^)「はぁ………」

ガチャ……

( ・∀・)「よ……待たせたか?」

( ^ω^)「いや……そんな待ってないお」

202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 19:22:37.89 ID:PH945xECO
( ・∀・)「よし。持ってこい。」

使用人「は………」

( ^ω^)「……」


―――――――――


( ・∀・)「…………」

使用人達「…………」

( ^ω^)「………」


シーン…………


( ^ω^)「(おいしいけど………すぐ横に使用人が突っ立ってて何か落ち着かないお……)」

( ^ω^)「あの……」

使用人「は……何か?」

( ^ω^)「あ……いや別に……………」

( ・∀・)「……?」

204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 19:30:05.92 ID:PH945xECO
( ・∀・)「じゃあ俺は部屋に戻る。お前は一人でも大丈夫か?」

( ^ω^)「多分大丈夫だお!」

( ・∀・)「よし。では後片付けを頼む」

使用人「……かしこまりました」

( ^ω^)「さてと……僕も部屋に戻るお……」


―――――――――

( ^ω^)「………」


( ^ω^)「……?あれ?」

( ^ω^)「……やばい…………ここどこだお……?」

208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 19:38:25.85 ID:PH945xECO
( ^ω^)「……この城は広すぎだお……!!ドアやホールや廊下がありすぎてよくわからないお………」

( ^ω^)「………ここかお…?」

ガチャ……

メイド「それでね~~あの人がね……」
メイド「え~~!?マジ!?」
メイド「キャー!!大胆!!」


( ^ω^)「……げ!」

メイド「!!!!」
メイド「…………!?」
メイド「…………」


( ^ω^)「………………やぁ………」




ドカァァァァァ!!!!!!!!!!


214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 19:47:27.76 ID:PH945xECO
――――――――――

( ^ω^)「うう………酷いお……殴るなんて………」
メイド「……すいません………つい‥‥」
メイド「……ここは使用人の更衣室です………。アナタの部屋は反対の方向です………」

( ^ω^)「あ……わかったお……どうもお騒がしてすいません……」

メイド「…いえ…別に……」


ガチャ………


( ^ω^)「ふぅ………危なかったお…………。」


( ^ω^)「……それにしてもみんな胸がでかかったお………」

217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 19:53:11.35 ID:PH945xECO
( ^ω^)「……ここか……」

ガチャ……

( ^ω^)「はぁ……疲れたお……」

メイド「……疲れたのならお休みになられた方がいいと思います……」


( ^ω^)「うん………そうするお……」

メイド「………」
( ^ω^)「…………」
メイド「………」

( ^ω^)「……!?何でここにいるんだお!?」

メイド「………アナタの身の回りの世話を任されたので……」

( ^ω^)「……そんな話聞いてないお……」
メイド「はい。話してません」

( ^ω^)「…………」

225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 20:01:02.82 ID:PH945xECO
( ^ω^)「……君の名前は……?」

メイド「………そんな事を聞いてどうするんですか……?」
( ^ω^)「いや……一応………」

メイド「…私の名前は…ベルです」
( ^ω^)「ベル……かお。」
ベル「………」

( ^ω^)「………とりあえずこの血まみれのスーツをとりかえたいお………不気味すぎて恐いお‥‥‥」

ベル「……不気味ですか……?かっこいいのに………」

( ^ω^)「……あ……そう…。これがねぇ………」

229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 20:09:29.37 ID:PH945xECO
( ^ω^)「………悪魔のセンスは理解し難いお………」
ベル「…………」
( ^ω^)「……じゃあ昼寝でも……」

ベル「……………」

( ^ω^)「……………」
( ^ω^)「あの……」
ベル「………何か?」
( ^ω^)「ずっとこっち見るのやめてほしいお………」
ベル「何故です?」

( ^ω^)「………いいよ……もう……」

ベル「………」

( ^ω^)「………ぐぅ……」

ベル「…………」
――――――――――
三時間後

( ^ω^)「う~~ん………苦しい…お……」

ベル「…………」

( ^ω^)「……?ベル………僕に乗っかって何やってるお……」
ベル「………そろそろ昼食の時間なので起こそうかと………」
( ^ω^)「……今度から普通に起こしてほしいお………」
ベル「……はぁ……」

237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 20:17:45.61 ID:PH945xECO
( ^ω^)「……じゃあ行こうか……」
ベル「………」
――――――――――
食堂
( ・∀・)「お……来たな……。まぁ座れ。」

( ^ω^)「わかったお。そういえば使用人さん達は食べないのかお?」

( ・∀・)「!!」

使用人「…………?」
ベル「………」

( ・∀・)「………昼食が終わったら話がある……。私の部屋に来てくれ。」
( ^ω^)「?わかったお!」
――――――――――
コンコン……

( ・∀・)「………入れ。」
( ^ω^)「……話ってなんだお……?」

( ・∀・)「……お前は私の孫だな?」
( ^ω^)「?そうだお…」
( ・∀・)「……私は悪魔だ。当然その孫は悪魔だろう……?」

( ^ω^)「……」

( ・∀・)「……いいか、使用人、下級の悪魔はクズ以下だ。道具の用に使うのが悪魔の習わしだ。」

( ^ω^)「……道具?」

238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 20:23:31.50 ID:PH945xECO
( ・∀・)「それと……今日からこれを毎日飲んでもらう」

( ^ω^)「……それは?」

( ・∀・)「……何、ただの薬さ……」

( ^ω^)「……?」


( ・∀・)「よし!今日はもういいぞ!地獄観光でもするか?」
( ^ω^)「じ……地獄観光……?」

( ・∀・)「ああ。バゼルを貸してやる。好きな所に行けるぞ」

( ^ω^)「(げ……バゼルってあのでっかいハエか………)」

( ^ω^)「い……いや……今日はお城を見て回るお……」

( ・∀・)「………そうか」

242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 20:28:07.70 ID:PH945xECO
( ^ω^)「じゃあ今から城の中を見て回るお!」


( ・∀・)「ああ。じゃあな」

ガチャ……


( ・∀・)「…………」
――――――――――

( ^ω^)「………うーん……どこから行こうかな………」

( ^ω^)「とりあえずメイドの更衣室にでもいくお!!」

248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 20:36:08.86 ID:PH945xECO
( ^ω^)「え~と………確か更衣室はここら辺だったお………」


( ^ω^)「お!あったお!!フヒヒヒ………」


ガチャ!

( ^ω^)「あれ!!ここはどこだお~~?部屋を間違えてしまったお!」

ベル「…………」


( ^ω^)「………」


ベル「………」

( ^ω^)「は………はは…………」

254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 20:42:59.30 ID:PH945xECO
ベル「………」

( ^ω^)「………」

ベル「……出ていって貰えますか……」


( ^ω^)「……失礼しました……」

バタン………



――――――――――
自分の部屋

( ^ω^)「あ~……恐かったお………」

ガチャ

ベル「………」

( ^ω^)「げ………ベル……」

ベル「……何か?」

( ^ω^)「あ……いや何でも……」

258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 20:48:22.59 ID:PH945xECO
( ^ω^)「………」

ベル「………その薬…!」

( ^ω^)「え?この薬がどうかしたかお?」

ベル「……いえ………」

( ^ω^)「?」



――それから二ヶ月程が過ぎた。ブーンはその間薬を毎日欠かす事なく飲んだ…………

―――――――
人間界


ξ゚⊿゚)ξ「すっかり遅くなっちゃった……終電間に合うかな……?」



( ゚Д゚)「………」

266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/09(日) 20:54:26.01 ID:PH945xECO
ξ゚⊿゚)ξ「…………」

( ゚Д゚)「すいません……。今北産業はどこに……?」

ξ゚⊿゚)ξ「………?今北産業なら………ここをまっすぐ……」



バン!!



ξ゚⊿゚)ξ「――――え?」


( ゚Д゚)「そうか。ありがとう」


ξ゚⊿゚)ξ「――――――――――血…………」

ドサ…………

ξ゚⊿゚)ξ「……………」

( ゚Д゚)「これで510人目………。あと………490人………」

PR
【2006/04/09 19:27 】 | ( ^ω^)ブーンが地獄に落ちたようです | comment(0) | trackback(0)

<<第1話 | HOME |dat(ry>>

COMMENT:
COMMENT EDIT :















TRACKBACK:
トラックバックURL


<<第1話 | HOME |dat(ry>>

忍者ブログ [PR]