忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/26 16:07 】 |

第3話
332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 07:12:38.66 ID:OjqXjFoAO
――――――――――
地獄



(´・ω・`)「………いよいよ今夜だ………。いいかみんな!失敗したら我々は終わりだ!死んでもドクオのチームだけは守るんだ!」


『オーッ!!!!』


('A`)「みんな……相手は悪魔だ………しかし例の城に、上級の悪魔はベルゼブブしかいない!つまりベルゼブブに会わない限り生き残れる可能性がある!城の地図も入手してある!」

『オーッ!!』

(´・ω・`)「………では……各自武器の最終チェックが済しだい夜まで休んでくれ!」

334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 07:17:28.69 ID:OjqXjFoAO


( ・∀・)「…………」


( ^ω^)「?どうしたんだお?」

( ・∀・)「いや……何でもないんだが……。ブーン、ちょっと頼み事をしたい」

( ^ω^)「なんだお?」

( ・∀・)「使い魔が5000匹程足りないのだ……。ちょっと買いに行ってくれないか……?」

( ^ω^)「買う……?」

( ・∀・)「ああ。お前が最初に現れた場所にあったあの屋敷だ。あそこで下級の悪魔は買えるんだ。」

( ^ω^)「あぁ……あそこか……」

335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 07:26:55.95 ID:OjqXjFoAO
( ^ω^)「……バゼルを借りていいかお……?」

( ・∀・)「おう。早めに戻って来いよ。」

( ^ω^)「わかってるお。」
―――――――――
ガチャ
( ^ω^)「ベル、いるかお?」

ベル「……はい……」

( ^ω^)「ちょっと出掛けて来るからその間留守番しててくれお」

( ^ω^)「じゃあベル、行って来るお。」
ベル「………」



( ^ω^)「えーっと……バゼルは……、いたいた!」
( ^ω^)「よし!バゼル!行くお!」

バゼル「オオオオ!!!」
ブゥゥゥン!!

338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 07:34:11.77 ID:OjqXjFoAO
ブゥゥゥン……

( ^ω^)「………最近こいつがかわいく見えてきたお……。」

バゼル「……オオオオ!」

( ^ω^)「泣き声もカッコいいお………」
――――――――――
ブゥゥゥン……

( ^ω^)「バゼル、お前はここで待ってるお!」

バゼル「………」

( ^ω^)「……この館に来るのも久しぶりだお……」

ガチャ……

( ^ω^)「……」
従業員「いらっしゃいませ………。失礼ですがお名前は……?」
( ^ω^)「……ブーンだお」
従業員「!!し……失礼しました!!こちらへどうぞ!」
( ^ω^)「………」



従業員「……御用は?」
( ^ω^)「使い魔を5000体程頼みたいお。在庫はあるかお?」

従業員「使い魔ですか…?申し訳ありませんが3000体しか残っていません」

339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 07:40:30.55 ID:OjqXjFoAO
( ^ω^)「…3000体か………。まぁないよりはマシだし……」
従業員「…どうしますか……?」
( ^ω^)「……わかったお。とりあえず3000体頼むお。」
従業員「‥‥了解しました‥‥‥。では後日………」


ガチャ


ξ゚⊿゚)ξ「ちょっとー!!!!!誰かいるー!?」

( ^ω^)「!?」
従業員「に……人間……?」
『!!』

ざわざわ……



ξ゚⊿゚)ξ「…………よかった……人が居た……」


( ^ω^)「……人間……」

340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 07:52:11.97 ID:OjqXjFoAO
( ^ω^)「………やばい……!」


ξ゚⊿゚)ξ「あの……ここは………」



悪魔『人間……』



ξ゚⊿゚)ξ「……え?」


『ウォォォォォ!!!!』


( ^ω^)「!!」



ガキィィィィィン!!!!!!



ξ゚⊿゚)ξ「………」

『………何故邪魔をする…………ブーン殿……』

( ^ω^)「………さぁ……何となくだお………。」

341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 07:59:16.82 ID:OjqXjFoAO
( ^ω^)「おい……そこの女……」


ξ゚⊿゚)ξ「……アンタ……」


( ^ω^)「?」


ξ゚⊿゚)ξ「アンタ………何で生きてるのよ!処刑された筈じゃないの!?」

( ^ω^)「!?」

ξ゚⊿゚)ξ「だ……誰か!!助けて!コイツ殺人鬼よ!!誰か!!」


『………?何を言っているんだ?あの人間……』
『……』



( ^ω^)「……。女!早く来るお!!!」

ξ゚⊿゚)ξ「誰か!誰か助けて!!
……何でみんな知らんぷりするのよ!!」

342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 08:08:22.80 ID:OjqXjFoAO
――――――――――
館の外


ガチャ

ξ゚⊿゚)ξ「助けてよ!!誰かっー!!!」
( ^ω^)「落ち着くお!!僕は殺人鬼なんかじゃないお!人違いだお!」
ξ゚⊿゚)ξ「嘘!見間違えるはずないもの!寄らないで!」

( ^ω^)「(……ダメだこりゃ……。話を聞いてくれなさそうだお……。ここは一回脅かして落ち着かせるお……)」

( ^ω^)「おい……女。」

ξ゚⊿゚)ξ「何よ!!!!!!!!」



( ^ω^)「ウガアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!」



ξ゚⊿゚)ξ「…………」
( ^ω^)「…………」


ξ゚⊿゚)ξ「……馬鹿みたい」

( ^ω^)「!!」

346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 08:20:14.22 ID:OjqXjFoAO
( ^ω^)「ひ……酷いお……。」

ξ゚⊿゚)ξ「………ちょっと……寄らないでよ!」

( ^ω^)「……どうすればいいお」
ξ゚⊿゚)ξ「今すぐ消えて頂戴。早く!」
( ^ω^)「……そんな事したら君は殺されちゃうお。」
ξ゚⊿゚)ξ「うるさいわね!アンタに殺されるよりはマシよ!」


( ^ω^)「……もういいお……。勝手にするお……」

ξ゚⊿゚)ξ「早く消えて!!」

( ^ω^)「……はいはい……。消えるお……。後悔しても知らないお……」

ξ゚⊿゚)ξ「後悔なんか誰がするもんか!!ベー!!」
( ^ω^)「……ふん!」
――――――――――
館の裏

( ^ω^)「それにしても………あの悪魔の攻撃を僕が防げれたなんて………。一体何故……」


( ^ω^)「…まぁいいや…バゼル…行くお」

バゼル「オオオオ!!!」

350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 08:27:57.85 ID:OjqXjFoAO
ブゥゥゥン!!

( ^ω^)「……はぁ。今日は疲れたお……早く帰ってベルにマッサージしてもらうお……」



キャアアアアア!!!!!!!!!!


( ^ω^)「…………やれやれ……」

―――――――

ξ゚⊿゚)ξ「何なのよアンタ達!アタシが何したってゆうのよ!」


『……人間を生かしておくと……後々やっかいになる……』
『……』


ξ゚⊿゚)ξ「……!」


( ^ω^)「ちょっと待つお!」

ξ゚⊿゚)ξ「!?」

『………』

352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 08:36:00.99 ID:OjqXjFoAO
『ブーン殿……また邪魔をする気か……』

ξ゚⊿゚)ξ「……ちょっと!そこの空飛んでるの!!早く助けなさいよ!!」

( ^ω^)「………」

シュ!


ダン!


ξ゚⊿゚)ξ「!!あの高さから飛び降りて無傷……!?」


( ^ω^)「さて……このお嬢さんを殺したかったら僕を殺してからにするお!!」



『………いくらあのお方の孫だからといってやっていい事と悪いことがある……』

354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 08:43:57.21 ID:OjqXjFoAO
( ^ω^)「敵は中級悪魔が六人か……ちょっときついけど…。あの技なら………」

『……いきますぞ!』

( ^ω^)「……むぅ!」

ビキ!


『…‥?』

( ^ω^)「ぬぅぅぅぅ………」

ビキビキ………

( ^ω^)「出るお!!」
ブゥゥゥゥ!!

ξ゚⊿゚)ξ「!?手からハエ……!?」

『そ……それは……!!あのお方の…!!』

( ^ω^)「ふっふっふ………。…あ……あれ?」
シュウウ…………

ξ゚⊿゚)ξ「……消えた」

358:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 08:50:16.87 ID:OjqXjFoAO
( ^ω^)「や……やばいお……」

ξ゚⊿゚)ξ「ちょ……ちょっと!助けに来たのに頼りならないわね!」

( ^ω^)「助けに来たのにその言い草は何だお!」
ξ゚⊿゚)ξ「うるさい!だったらちゃんと助けなさいよ!」



『……はぁ!』

( ^ω^)「!!!」


バキィ!!!


( ^ω^)「ぐ………!」

ξ゚⊿゚)ξ「よ……弱い………」

362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 09:02:40.91 ID:OjqXjFoAO
( ^ω^)「くそ……」
『さて……次は君の番だ………』
ξ゚⊿゚)ξ「………!」

ブゥゥゥゥ………

『……?』
( ^ω^)「……?」

『お……おい!あれは……』
『……ハエ……!?』

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!

『う……うぉぉぉ!!!!!これは……!!あの方の……!!』
『ギャァァァァァァ!!!体が………体が……!!』
( ^ω^)「これは……」

ξ゚⊿゚)ξ「……」
( ^ω^)「おい!大丈夫かお!」
ξ゚⊿゚)ξ「え…ええ……。でもこれは……?」
( ^ω^)「あ……ハエがいなくなっていくお……」

『……』
『………』

ξ゚⊿゚)ξ「……!!死んでる……」

365:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 09:08:37.71 ID:OjqXjFoAO
――――――――――

( ^ω^)「まさか………あれは………。でもこんな所にこれるワケないし……」


( ^ω^)「……じゃあ、僕は行くお……」


ξ゚⊿゚)ξ「ちょ………ちょっと!こんな危険な所に女の子を置いていくわけ!?」

( ^ω^)「?僕といるよりは安全じゃなかったかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「うるさいわね!私を安全な場所に連れてきなさいよ!」

( ^ω^)「……何故僕が?」

ξ゚⊿゚)ξ「アンタは私の兄さんを殺したのよ!それくらいしてくれてもいいでしょ!?」

( ^ω^)「……君の兄さんを殺した……?」
ξ゚⊿゚)ξ「………」

373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 09:17:19.59 ID:OjqXjFoAO
( ^ω^)「………さっきから僕を殺人鬼呼ばわりしてるけど、僕は人を殺した覚えはないお……。大体僕が殺人鬼だとしたら君を助けないお」


ξ゚⊿゚)ξ「……クッ……」


( ^ω^)「(この娘………生きてる時の僕を知ってるみたいだお………。何としてでも連れ帰って話を聞かないと……)」



ξ゚⊿゚)ξ「………まぁいいわ……。アナタ悪い人じゃないみたいだし………」

( ^ω^)「……わかってくれたならいいんだお」
ξ゚⊿゚)ξ「勘違いしないで。まだアナタの疑いが晴れたわけじゃないのよ」
( ^ω^)「………」
ξ゚⊿゚)ξ「それで?ここは一体何なのよ!」

( ^ω^)「……ここ?知りたいかお…?」
ξ゚⊿゚)ξ「……」

( ^ω^)「知りたいなら僕と一緒に来るお。そこで全部話してやるお」

381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/10(月) 09:26:27.06 ID:OjqXjFoAO
( ^ω^)「バゼル!降りてくるお!!」

バゼル「オオオオ!!!」

ξ゚⊿゚)ξ「………何この怪物……気持ち悪い……」

( ^ω^)「……こんなにカワイイのに………。この魅力がわからないなんて可哀相だお……」

ξ゚⊿゚)ξ「……アンタのセンス絶対狂ってるわよ……」

( ^ω^)「まぁいいから乗るお!ふかふかしてて気持ちいいお!」

ξ゚⊿゚)ξ「……うげぇ………」

( ^ω^)「ちゃんと乗ったかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「乗ったわよ!早くして!一刻も早く降りたいから!!」

( ^ω^)「……バゼル!」

バゼル「オオオオ!!!」
ブゥゥゥン!!






( ・∀・)「……やっと……510人目が来たか………。フフ……ヒャーッハハハハ!!!」

PR
【2006/04/10 08:41 】 | ( ^ω^)ブーンが地獄に落ちたようです | comment(0) | trackback(0)

<<dat(ry | HOME |第4話>>

COMMENT:
COMMENT EDIT :















TRACKBACK:
トラックバックURL


<<dat(ry | HOME |第4話>>

忍者ブログ [PR]